団地住民に聞いた!お困りごと問題ランキング

出張買取

こんにちは!ジャンクジャンクです!(@junknerima

片付け回収&出張買取で東京埼玉エリアを毎日元気に走り回っています!

今回は、団地についてです。

当店は毎年100件以上は団地にお伺いし、出張買取や片付け作業をしている、いわば団地のプロ。

団地住民に直接お聞きした『お困りごと』や『悩み』など、ご相談・ご依頼の多い案件をランキング形式で紹介したいと思います。

(当店は埼玉・練馬近辺の団地やUR賃貸住宅、公営住宅にお住まいの方からの買取依頼や、片付け依頼、引越し依頼がとても多いのです。)

そもそも団地とは?

団地のイラスト

団地と聞いて想像するのは、クリーム色の平べったい5階建の建物で、それが広大な敷地に何十棟もズラーっと建っている・・・そんな光景ではありませんか?

しかし団地というのはそれだけではありません。

一軒家(戸建て)が立ち並ぶ地域でも「●●(地名)団地」と名称されていることもあります。

また工場がたくさんある地帯も工業団地と呼びますね。

団地とはどういう意味なのでしょうか?

団地(だんち)とは

住宅対策によって計画的に造られた地区。典型的なものとして,住宅団地,工業団地,商業団地などがある。住宅団地には賃貸と分譲の2種があり,住宅形態によってフラット型,メゾネット型,テラスハウス型などに,また棟の型によって板状型,塔状型,集中型などに分類される。団地住民の生活様式の特徴や団地自治会などの集団活動の特徴が社会的に注目され,団地という言葉が一般化された。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ざっくりいうと、計画的に造られた地区のことを団地と呼ぶようです。

また団地という言葉は、住宅を略して呼称していたことから始まったようです。

歴史

団地や「ダイニングキッチン」の概念を生み出した日本住宅公団初代設計課長の本城和彦から聞き取りを行った建築史家の藤森照信によると、「団地」とは「集団住宅地」の略であり、これを住宅営団の内部で略して「団地」と言っていたらしい。「集団住宅地」の語の初出は1939年に日本建築学会主催で開かれたコンペ「労務者向集団住宅地計画」であり、これが戦後の1955年、日本住宅公団の「公団住宅」として実を結んだ。「団地」の語の初出は1958年に刊行された住宅公団のパンフレットである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/団地

おもに日本住宅公団(現・都市再生機構またはUR都市機構)が団地を建設していたため、公団住宅公団団地などとも呼ばれていました。約60年間で160万戸近くも供給されたそうです。

(※日本住宅公団は現在では都市再生機構(通称UR)という名称になっています。)

現在は団地の多くが老朽化したり、現在のライフスタイルに合わない間取りや設備だったりで、リノベーションして住まれる方が多いようですが、いったいいつ頃建てられたのでしょうか?

昭和30年代、団地暮らしは憧れの的だった!?

昭和30年代の台所風景

昭和30年代の台所風景

団地の多くは高度経済成長期(昭和30年代~40年代頃)に、地方から都市部に移り住む労働者のために全国各地に建てられました。

おもに地方出身の中流サラリーマン向けで、当時では珍しいダイニングキッチンや水洗トイレやベランダが完備されました。モダンで最先端の住宅は庶民の憧れの的だったようです。

家賃は中流サラリーマンの月収40%前後を目安に設定され、決して安いとはいえない金額でしたが、それでも申込が殺到し、当選するのもかなり難しかったようです。

団地族(ダンチ族)という流行語が生まれる

団地に住むことができた人々は、憧れの意味を込めて団地族と呼ばれ、もてはやされました。

団地族とは

団地族とは、1960年版『国民生活白書』によると「世帯主の年齢が若く、小家族で共稼ぎの世帯もかなりあり、年齢の割には所得水準が高く、一流の大企業や公官庁に勤めるインテリ、サラリーマン」とされている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/団地

団地というと「高齢化」「安い家賃で住める」というイメージだったのですが、かつては高級マンションのような輝きのある夢の住宅だったのですね。

今回は一般的な高度成長期に建てられた団地についてのお困りごとを中心にまとめてみました。

団地住民に聞いた、団地のお困りごとランキング

第3位「設備が古い」「老朽化」

バランス釜のお風呂

バランス釜のお風呂

昭和30年代~40年代に建てられた団地は、建築からすでに5、60年経っていますからそうとう老朽化しています。

また当然現代の家電を想定してませんから、お風呂が昭和のバランス釜だったり、エアコンが各部屋に設置できない、大き目の洗濯機やドラム式洗濯機、全自動洗濯機が置けない、冷蔵庫が入らない、食洗器が置けない、などのお困りごとが多いですね。

また収納が少ないため室内がモノで溢れてしまっているご家庭も多く拝見します。

第2位「近隣トラブル」

一触即発の近隣トラブル

一触即発のご近所さん

団地に限らずご近所トラブルはどこでも起こりえます。

しかし、団地の場合、騒音トラブルが特に多い印象です。

階下に住んでいる人からしょっちゅう苦情が来る、会うと嫌味を言われる、嫌がらせをされる、とか。

トラブルまでは発展しないにしても、噂話をされたり、詮索されるなど、ご近所づきあいが面倒くさいな、と感じている方も少なくないですね。

1974年(昭和49年)に団地で起きたピアノ騒音殺人事件はご存じでしょうか?母娘3人を殺害した犯人の男(死刑囚)は現在91歳になりますが、現在も服役中です。
近隣騒音殺人事件の第1号であり、現在最高齢の確定死刑囚なのです。

第1位「エレベーターがない」

階段を

圧倒的に多いお困りごとが、エレベーターがないこと。

1~2階に住んでる方を除けば、ほとんどのお客様が「エレベーターがなくて不便」「できればあった方がいい」とおっしゃいます。

普段は必要性を感じなくても、怪我をしたときや重たい荷物を運ぶときに、「エレベーターがあれば・・・」と感じるようです。

その他にも例えばゴミの量が多く、ゴミ出しのため朝から階段を何往復もしなければならない、なんて想像しただけでキツイですよね。

団地のご依頼ランキング(当社比)

年間100件以上の団地にお住いの方からいただいているご依頼をもとに、当店の人気サービスランキングを発表いたします。

第3位:引越し・大型家具・大型家電の搬出搬入、家具移動

搬出作業

団地へのお引越し、団地からのお引越し、またUR団地間でのお引越し、団地内でのお引越し・・・などなど、引っ越しシーズンだけでなく、年間を通してお引越しのご依頼は多いですね。

特に団地内でのお引越しは「高齢になってきたから階下に引っ越したい」「手狭になったから広い間取りの部屋に引っ越したい」「家族が増えるから」などの理由が意外と多いのですよ。

第2位:ゴミ屋敷・片付け・不要品回収・遺品整理

次にゴミ屋敷・片付け・不要品回収が多い案件です。

足腰を悪くしてしまうと、ご自分での片付けやゴミ捨てをするのが大変になってしまいます。

本当は片付けたい気持ちはあるのだけど、ついついゴミが増えてゴミ屋敷化してしまう、という方も少なくありません。

また生前整理を兼ねて、「溢れたモノを減らしたい」「断捨離したい」というご依頼も増えています。

その他では市役所や区役所様、法人様からの残置物の撤去などの片付け作業も当店へご依頼いただいております。

何か事情があってのことだとは思いますが、夜逃げ・ひとり暮らしの借主が死亡した・行方不明・外国人の場合は強制送還などが考えられます。

第1位:出張買取

なんといっても出張買取のご依頼が一番多いです。

オーディオ・テレビ・パソコンなど、頑張れば一人で運べるかな?というものでも、エレベーターのない団地では、おひとりで1階まで運ぶのも一苦労です。

また、まとめて売りたい時も出張買取をご依頼いただいております。

不要品の山

出張買取で買い取った不要品の山

人目に付かないように売りたい・こっそり処分したいなら出張買取

こっそり処分したいドール

コッソリお引き取りさせていただいたお人形さん

なかには、「人目に付かないよう(こっそり)買い取ってほしい」というご依頼もあります。

ゴミとして捨てるにせよ、売りに行くにせよ、人に見られたくないものを持ち運ぶのは嫌ですよね。

そんなときは当店にお任せください!

プライバシーには十分配慮し、買取・引取りにお伺いしますので、安心してご依頼ください。

残念ながら買取不可の場合もございますが、回収・処分となる場合でもできるだけお客様のご負担が減るような料金提案をさせていただきます。

まとめ

いかがでしたか?

かつては夢の住宅だった団地も、現在は高齢化・老朽化・エレベーターがないなどのバリアフリーの遅れ・家電が入らない・置けないなど利便性の低下問題等が住民の方々を悩ませています。

もちろん団地にはメリットも多く、それが現在でも人気の理由です。

団地にお住まいで不便なこと、お困りごとがあれば、私たちプロにお任せください。

どんなお悩みがありますか?

せっかく洗濯機を買ったのに、サイズが合わなくて設置できないわ

介護用ベッドを置きたいけど、モノが多くて置けないよ

子どもの勉強机を中古で探してるんだけど・・・

生前整理を始めたいけど、どうすればいいの?

おまかせください!全部私たちが解決できます!

片付け・遺品整理・生前整理・大量ゴミなどのお問い合わせフォーム

お問い合せの内容(必須)

お名前(必須)

フリガナ

メールアドレス(必須)

連絡先電話番号(必須)
- -
郵便番号またはご住所(〇○市・〇○町までご記入ください)(必須)
-


ご希望のご連絡時間帯(複数回答可)(必須)

ご要望などありましたらご記入ください